ニキビを治す方法その5:頭皮ニキビ

Posted 10月 1st, 2014 by webassist

普段は髪におおわれているため、気が付きにくい部分ではありますが、皮脂が多いためニキビができやすい箇所なのです。

頭皮にできるニキビの原因となっていることは、生活習慣に基づいているものがほとんどです。

毎日の習慣を改善して頭皮ニキビを解消しましょう。

洗浄力や刺激が強いシャンプーを使わない

シャンプー

洗浄力や刺激があまり強くないシャンプーを使って、頭皮を優しくマッサージするようにしましょう。

汚れをしっかり落としながら潤いを補給するためにトリートメントを使うことも心がけましょう。

頭皮を不潔にしない、洗い残しのないように

1日の汚れはその日のうちに落とすことを心がけましょう。

毎日、清潔な頭皮を保つようにしましょう。

頭皮の汚れや皮脂が落とされていないと皮脂が毛穴に詰まり、ニキビの原因になります。

特に、がちがちにスプレーやワックスで固めた髪には、念入りなシャンプーとすすぎが必要です。

濡らしたまま寝ない

ドライヤー

寝る前に髪を完全に乾かす習慣をつけましょう。

頭皮がぬれている状態では、老廃物の代謝が悪くなり、ニキビができる原因になります。

塗れた状態では、枕との摩擦で髪が傷むだけではなく、湿気により、頭皮に雑菌が増殖しやすいのです。

髪と頭皮を紫外線に当てない

帽子

髪がぬれたまま外出しないこと、帽子をかぶること、、髪と頭皮向けのUVスプレーやクリームなどを利用しましょう。

紫外線による頭皮の肌荒れもニキビの原因になります。

特に、シャンプーをして頭皮がぬれたままの状態で屋外に出ると、普段よりも紫外線のダメージを受けやすいのです。

ストレスをため込まない

ストレスを上手に発散することが、頭皮ニキビの予防になります。

映画や音楽を楽しんだり、スポーツをしたりと自分なりのストレス解消をしましょう。

Comments are closed.