ニキビを治す方法その6:お尻ニキビ

Posted 10月 1st, 2014 by webassist

お尻はニキビができやすい箇所です。

衣服の摩擦や蒸れ、長時間座っていることによる圧迫刺激などで角質が厚くなり毛穴が詰まりやすいためです。

また、座ることでニキビに刺激を与えてしまうので、治りにくい部分です。

椅子に長時間座る

デスクワーク

デスクワークなどで長時間椅子に座ることが多い人は注意が必要です。

お尻で体重を支えるために負担がかかりニキビができやすいのです。

柔らかいクッションなどでお尻への負担を減らしましょう。

お勧めは低反発クッションです。

自転車に頻繁に乗る

自転車

自転車のサドルが固いと、お尻への刺激や漕いでいるときの摩擦で負担がかかります。

自転車で通学・通勤をする人や、趣味でサイクリングに行く人は注意が必要です。

サドルになるべくやわらかいものを選びましょう。

低反発素材がお勧めです。

ぴったりした下着をつけている

通気性のいい下着を選ぶように心がけましょう。

体を締め付けるような下着は、お尻に負担をかけてしまいます。

化学素材や締め付けのきつい下着は、汗が溜まってニキビの原因になります。

Comments are closed.