ニキビは20歳を過ぎると、発生部位が下にうつるといわれています。

特に、20歳以上になってからできるようになった口の周りのニキビは、胃の荒れを示しているといわれます。

食生活の乱れや精神面での疲れが表面化しているものです。

体の内側からの治療

胃があれ消化不良になると胃腸の働きを低下させ、それがニキビなどに現れてきます。

アルコールの過剰摂取や、暴飲暴食が胃腸の働きを低下させます。

あまり食欲がわかないのにもかかわらず、時間だからといって無理に食事をすることも止めましょう。

食欲がないときには、胃を休めるときだと考えて、できるだけ胃に負担をかけないことを心がけましょう。

胃があれているときの飲物

お茶

お茶には胃の働きを良くする作用があります。

できるだけ食後に飲むといいでしょう。

空腹時などにたくさん飲むと、逆に胃があれてしまうので気を付けましょう。

特に、ハーブティーがお勧めです。

ハーブティー

牛乳

牛乳

牛乳には胃の粘膜を守るだけでなく、胃酸を抑える働きがあります。

胃への刺激を少なくするために、ホットミルクにして飲むのがいいでしょう。

口周りのニキビの原因

口周りにできつニキビは特に、胃の不調が影響しているといわれています。

口から食堂、胃、腸の消化器官へとつながっていることから、胃の不調は口周りのニキビに現れます。

食べ過ぎや飲みすぎにより、胃に負担をかけてしまったり、ストレスなどの精神的な面もいに刺激を与え、胃の働きが低下します。

それが口周りのニキビとして表面化しているのです。

Comments are closed.