ニキビの予防法その3:マスクをしない

Posted 10月 2nd, 2014 by webassist

ニキビがあるときには、できるだけマスクの着用を避けてください。
マスクをして外出した時には、ニキビが悪化しないように、帰宅後のニキビケアに力を入れてください。
仕事柄マスクを装着する人もできるだけのケアが必要です。

選ぶべきマスク

使い捨てのマスク

使い捨てマスク

やむを得ずマスクを使用するときには、使い捨てのマスクを選ぶようにしましょう。

従来の、布製の何度も繰り返し使えるタイプと比べて、使い捨てマスクのほうが、頻繁に取り換えることができるのでニキビができているところを清潔に保つことができます。

サイズ・形に気を使う

ニキビへの負担が少なくて済むマスク選びを心がけましょう。

具体的には、ニキビにマスクが当たらないように少し大きめのサイズを買う、素材が柔らかいものを選ぶ、立体的なものを選ぶ、などです。

避けたほうがいいマスク

アロママスク

女性が好んで着用するマスクの中には、香料が含まれているものがあります。

この香料がニキビを刺激することがあります。

着用は控えましょう。

ファッションマスク

ニキビを隠すことが目的でマスクを着用すると、逆にニキビを悪化させてしまいます。

見た目重視のマスクで、迷彩柄やキャラクターモチーフ、プリントなど様々なマスクが、すっぴんを隠すためなどに流行しています。

しかし、見た目重視のマスクでは通気性や殺菌性を軽視しているものも多く、必要最低限、外出時もマスクは避けたほうがいいでしょう。

Comments are closed.